内定証書授与式

平成29年10月2日(月)平成30年度採用の内定証書授与式が開催されました。

先輩職員(高齢者・障害者施設の介護職員、相談兼介護職員、管理栄養士)の体験発表や懇談会を通して、内定者の皆さんの不安な気持ちが少し軽くなったのではないでしょうか。

小見総務部長より「将来のキャリアデザインを描いてほしい」との熱い言葉がありました。入職前にキャリアデザインを描くことによって、より充実した社会人生活をスタートさせて頂きたいと思います。

そして、堀井常務理事から「同期のいる安心感」「医療・高齢・障害の各分野に事業を展開している法人だからこそ出せる強み」についてお話頂きました。その後、内定証書が一人一人に授与され、内定者の皆さんの返事、所作ともに堂々としておりとても頼もしく感じました。

これから同期の仲間と支えあい、成長していくことを楽しみにしています。

その後の懇親会では、笑いだけでなく、真剣に語りあったり、先輩の体験談に耳を傾けたりとたくさんの交流がありました。

今回、看護師として内定している皆さんは、実習や授業の関係で不参加でしたが、4月から、皆さんと一緒に働けることを職員一同楽しみにしております。

2017年10月10日 | カテゴリー : 施設情報 | 投稿者 : t-tkgs