第3回 東日本ケアコンテストを開催しました

 

3月24日(土)ハイブ長岡にて第3回東日本ケアコンテストを開催しました。

このケアコンテストの目的は、福祉・医療現場におけるケアに対する地域への啓発や理解、および連携を目指すとともに、参加者のケアに関する技術や態度・心構えを披露することによって、ケアの向上を図ることとしています。

介護サービス事業で働く介護職員の方を対象として「選手」を募り、中越地区の6法人から30名の方が参加しました。

介護部門は24名が参加。①認知症ケア②入浴ケア③食事ケアの3つの部門をAコース(4年未満の介護従事者)、Bコース(4年以上の介護従事者)に分け技術を競います。環境整備部門は6名が参加。各分野の設定課題に応じて実技が披露されますが、各部門のご利用者となるモデルはいずれも施設職員です。

競技は、制限時間内に終えたら、その場で競技者本人の感想と、アドバイザーからの総評、モデルからの感想を述べてもらい、審査を行います。

 

開会挨拶
社会福祉法人 長岡福祉協会
理事長 田宮 崇

 

 

来賓挨拶
長岡市福祉保健部長 小村 久子 氏

 

【介護部門】
認知症ケア

 

【介護部門】
入浴ケア

 

【介護部門】
食事ケア

 

【環境整備部門】
ベッドメイクと室内整備

 

実演①
ハンドケア等(ポーラ化粧品 様)

 

実演②
シニア理美容(長岡美容専門学校 様)

 

実演③
エンゼルケアについて(アークベル 様)

 

表彰式(優秀賞発表)

 

交流会(選手及びスタッフ)

 

 

2018年3月28日 | カテゴリー : 施設情報 | 投稿者 : t-tkgs