「福祉・介護・健康フェア2018 in 長岡」に参加しました

12月2日(日)ハイブ長岡で開催した「福祉・介護・健康フェア2018 in 長岡」に参加しました。今年は「安心できる暮らしを提案 ~明日のためにできること、地域共生社会の実現に向けて~」をテーマに、約50の企業や団体が健康、介護関連のPRブースを出展し、約4,800人が集まりました。

当事業団からは、「要配慮者への暮らしの継続サポート」を出展テーマに『災害福祉広域支援ネットワーク サンダーバード活動状況』として活動の目的・装備・非常食の紹介や、『認知機能の見える化(脳活バランサーによる体験)』として認知症予防への意識啓発を図るため、簡易チェック専用ソフトを使用した体験コーナー、『悠久崇徳学園の学生・生徒募集』として平成31年4月開学の長岡崇徳大学のPR及び専門学校介護福祉学科のPRを行いました。また、野いちご工房より「お菓子の販売」、ワークセンター千秋からは「納豆の販売」も行いました。

出展状況①
「災害福祉広域支援ネットワーク
サンダーバード活動状況」

出展状況②
「脳活バランサーによる体験」

出展状況③
「長岡崇徳大学及び専門学校PR」

「お菓子の販売」
(野いちご工房)

「納豆の販売」
(ワークセンター千秋)

 

 

 

 

 

2018年12月4日 | カテゴリー : 施設情報 | 投稿者 : t-tkgs