長岡福祉協会

ENTRY 新潟県内はこちら ENTRY 首都圏はこちら

Message 学生の皆さんへ

人を育てる、人を支える。未来をあなたの成長と共に。長岡福祉協会 常務理事 事業統括部長 田宮 尚明

長岡福祉協会では、福祉と介護、医療と教育という4つのサービス・事業を展開しています。それらすべての活動に共通するのは利用者様に「自分や家族、友人が利用したいと思うサービスを提供する」ことです。
高齢化社会の進展や、安心安全な暮らしへの要望、すべての人々が平等に生きる社会づくりが求められる中、このような複合的な事業を展開していますが、その中で、職員一人ひとりが多様な職場を経て、大きく成長できるのが長岡福祉協会の大きな特長です。 職員一人ひとりのキャリアや能力を高めることは、利用者様に最善のサービスを提供することに通じます。多様な職場と現場の経験を通じて、総合性と専門性を高めること。そのために、職能に応じた多彩な研修プランも用意されています。
そして、これまでも長岡と首都圏といった事業範囲とエリアの拡大の度に行われてきた「新しいことへの挑戦」は、さらに強化していきます。現場状況をリアルタイムで共有するシステムや、施設と在宅の両面からサポートするサービスの洗練、自治体のみならず他の教育機関との連携。長岡福祉協会の職場は、働く充実感と刺激に満ちたものになっていくでしょう。
その時、欠かせないのが、若い人材の能力です。様々な職場で学び、資格取得とキャリアアップを図りながら、現場に新しい風を吹かせていく。ステップアップを繰り返しながら、成長と自己実現を叶えていく。時代と共に進化していく医療・介護・福祉・社会の連携を牽引していく若い意欲に期待しています。

元気であることが、最優先。仲間たちと一緒に成長するよろこびを。サンスマイル 野いちご工房 施設長 木下 徳子

長岡福祉協会には、様々な施設がありますが、私自身、複数の施設を経験し、現在では精神障害者の生活支援と自立に特化した「サンスマイル」と「野いちご工房」の施設長として、利用者様の伴走者としてサービスにあたっています。
それぞれの職場に共通して大切なのは、職員一人ひとりが「元気」であることです。元気で働くためには、働く本人の自主性を重んじることが大切です。“働かされている”と感じるようでは誰一人得るものはありません。職員一人ひとりが考え工夫しながら最適なサービスを開発していくことで、利用者様も職員も元気になり、良い関係性が実現できます。
そのために施設長として徹底した目配りと心配りを行っています。職員の顔色や表情を汲み取って、適切な対応やアドバイスを行うこと。私自身も先輩の方々から多くのことを教わりました。人を育てるために、研修はもちろん日々の対応にも気を配っています。
女性職員のワークライフバランスについても、結婚や出産、子育てなどライフステージに応じたサポートが受けられるので、生涯を通じて安心して働くことができます。
また、研修制度がしっかりしているので、例え資格や経験がなくても心配はいりません。
長岡福祉協会はスケールの大きい職場なので、様々な職員と交流を深めることで、自らの目標を見つけることもできます。自主性を持って「私たちに何ができるか」という意欲を持つことがすべてのスタートライン。同じ目標を持った仲間たちがあなたを待っています。