長岡福祉協会

ENTRY 新潟県内はこちら ENTRY 首都圏はこちら

About work 新潟で活躍する職員

どんな時も利用者様の立場に立って対応すること。

障害者支援施設 桜花園で、主に知的障害を抱える方々の生活支援を行っています。利用者様が自分一人ではできないことや、困難なことを支援し日常生活を送ることができるようにサポートを続けています。この仕事を通じて感じるのは、生活を支援するということは、意思を支援するということだということです。どんなに忙しい時でも利用者様の立場に立って対応することがとても重要になります。難しいこともたくさんありますが、「ありがとう」の一言や頼ってもらえていると感じる時に大きなやりがいを感じます。

毎日が新鮮でいられるから面白い。

対人援助職は、多くの方々と関わることが多い仕事です。自分の思いや考えがうまく伝わらずに戸惑うことも多くありますが、相手ならどんなことを望むだろうという視点からアプローチを続け、意思が通じた時などはうれしくなります。そして、様々な状況においていろいろなお話ができるということは、私にとって大きな手応えとなり、そして毎日が新鮮な気持ちでいられるので、面白さや手応えを感じることができる仕事だと思います。

いつまでも仕事を続けたくなる環境がある。

この仕事を選んだ最大の理由は、私自身が「おじいちゃんおばあちゃんっこ」だったからだと思います。近所の方々も含めてお年寄りの方と話す機会が多く、その時間が大好きだったから自然と福祉の道を選んだのだと思います。しかし、実際の仕事では分からないことばかりで、いつも先輩たちに助けてもらっています。長岡福祉協会は、事業規模も大きく様々な職種の先輩たちが多くいます。そして気軽に相談もできます。同期が集まるフォローアップ研修などもあり、いつまでもこの仕事を続けていきたいと思える環境が整っていると思います。

一日のスケジュール

車椅子の方との出会いで福祉の道へ。

福祉の世界へ興味を持つようになったのは、高校3年生の時でした。それまでは、体育教師になるべく、体育学部への進学を考えていたのですが、ある日、車椅子の方が階段を降りられずに困っている状況に直面しました。その時、声をかけるべきか、あるいはどんな声をかけるべきなのか判断がつかなかったのですが、困っている人のために何かをしたいと強く感じるようになり、体育学部から福祉へ方向転換したわけです。その日以来、社会的に弱者と言われている方々のためにできることは何なのかということに取り組み続けています。

地域と連携した福祉の街づくり。

大学で社会福祉を学び、実習の時に出会った福祉の理想的な先輩がいる長岡福祉協会に入職することになりました。まずは、生活相談員としてデイサービスや特別養護老人ホームなどで経験を積んだ後に、居宅介護の管理者として業務にあたっています。現在の主な仕事は、施設内だけでなく地域と連携した街づくりです。困っている方は今なお数多くいて、介護職員や行政の力だけでは支えきれなくなってきています。地域の方々の協力を得ながら協力体制を整え、弱者の方々が不自由を感じずに暮らしていける街をつくっていくことが使命です。時には体操のインストラクターを努めたり、各種講座を開くなどして、多くの協力者とのつながりを強くしていくことに取り組んでいます。

その先にある新しい福祉と自分の夢。

様々な現場を経験し、いろいろな方々とつながることで、いつしか相談を持ちかけることより、相談を持ちかけられることの方が多くなってきています。自分自身では意識はしていなかったのですが、これが私自身の成長なのだと感じるようになってきました。誰もが安心して暮らせる街をつくっていくためには、やらなくてはならないことが山のようにあります。時には法人や組織などの壁をなくし臨まなければならないこともあるでしょう。でもその先には、新しい福祉や自分のやりたかったことがあるのだと信じています。だから、これからも「明るく元気に!」をモットーに仕事に取り組んでいきます。

1日のスケジュール

すべては患者様のために、毎日が勉強。

神経難病を抱える患者様が多い小千谷さくら病院で、看護の仕事に携わっています。患者様には、コミュニケーションをとることが難しい方も多いので、文字盤を使ったり、まばたきや身体のちょっとした動きなどを読み取りながら看護にあたることが求められます。看護福祉の学校で学んだことは基礎知識として役立ちますが、ひとつの現象を前後の症状や関連する各種数値などと照らし合わせながら、評価して看護に役立てていくためには、毎日が勉強という状態です。しかし、自分の判断が正しく、患者様が笑顔になったり話しかけてくれた時には大きな喜びが味わえる仕事だと思います。

一人ひとりに最適な看護を実践。

小千谷さくら病院の患者様は入院日数が長い方が多く、寄り添う時間も長くなります。その分、毎日の小さな変化にも気づくことができるので、一人ひとりの好みや個性などを理解しながらその人らしい看護ができます。これは他の病院などではなかなか経験できない貴重な体験です。先輩看護師の皆さんにも気軽に相談でき、様々な解決方法を自分で考えるチャンスも生まれます。働きながら自分の専門性はもちろん、様々な知識や技術を身につけることができる恵まれた職場だと感じています。

自分のスペシャリティを高めたい。

まだまだ入職して日も浅く、毎日のことで精一杯になってしまうことも多いのですが、先輩たちの活躍を目の当たりにして今後は自分のスペシャリティを磨いていきたいと考えています。自らのことがうまく伝えられない患者様の意思を短い時間で正確に捉え、変化に対応した看護にあたること。現状に満足せずに、さらに良い看護を目指して工夫を重ねていくこと。その中から看護の楽しさをさらに発見して深めていきたいと思います。

1日のスケジュール

365日24時間人生を預かるという大きな責務。

重症心身障害を抱える方々の生活支援を行う長岡療育園で、生活支援の立案と管理、それに関わる様々な業務にあたっています。ここの特長としては、医師が常駐していることもあり、利用者様はもちろんご家族も安心できるということが挙げられます。スタッフも医師の他に、看護師、薬剤師、保育士、介護福祉士、リハビリ職員などたくさん在籍し、それぞれの専門分野から利用者様一人ひとりの生活支援を総合的に行っています。365日24時間利用者様の生活に関わる仕事なので、人生を預かるという大きな責務がありますが、それこそが職員全員の最大のモチベーションになっていると思います。

スタッフ全員が同じ方向を向くために。

サービス管理責任者として、利用者様の支援計画を立案することが大きな仕事になりますが、関わるスタッフ全員が同じ方向を向くように理解を深めた上で具体的な支援計画を立てています。重症心身障害を抱える方々のより良い生活を!という願いのもと、全員で意見を出し合い、よりよい計画の実施に取り組んでいます。時には言葉で表現することができない利用者様の意思を理解できないこともあります。そんな時も小さな変化に誰かが気づくことで、適切なサポートにつながるということもあります。チームワークは、この仕事には欠かせないと思います。

専門知識よりも高い志が大切。

長岡福祉協会には、長岡療育園だけでなく様々な施設があります。働いているスタッフも実に多彩な職種に従事しています。しかし共通する部分は福祉の精神にあるのではないかと思っています。助けが必要な方々にどのような志で支えていくのか。専門的な知識や技術よりも、まずは個人の志の高さが最も重要だと個人的には感じています。専門外の分野からでも知識の習得や資格取得などスキルを育む風土と制度が長岡福祉協会にはあります。高い志を持った元気で前向きな方が私たちと一緒に働いてくれることを願っています。

1日のスケジュール